勝手に不倫をでっちあげられて

Post:2016/10/24

浪費癖の激しい妻がいます。「もしものことがあったらどうするんだ、ボーナスだっていつまであるかわからないんだ、ボーナスをあてにした家計管理は止めろ」と何度言ったかしれません。その都度、妻はヒステリーを起こし文句を言い始めます。「うちは毎月赤字なんだから、ボーナスで赤字をうめるしかない」それが妻の言い分です。

結婚当初からこんな調子で何度離婚を考えたかしれません。子どもが成人したら絶対に離婚しよう、こんな奴と老後2人なんて無理だと心の中で毒づきため息をつきあきらめる日々でした。そんな折、仕事から帰ると「お金がない」と妻がわめいてきました。その日は疲れていたこともあり、黙って聞いてはいましたが、妻の「あんたが安月給だから悪いんじゃない」の言葉に何か糸が切れたような気がしました。離婚話を切り出したところ、話にならずヒステリックに泣きわめくので離婚調停の手続きをとりました。

それと並行して結婚以来の通帳の出入りなど全てチェックしました。妻が頑なに通帳を隠すので、銀行に直接出向いて過去10年分の入出金の履歴を出してもらいました。そこには浪費の証拠が沢山残っていました。1週間に数十万引き出したり、マイナス残高になったり、子ども用の積立式定期は勝手に解約されてあったりとずさんな金銭管理でした。そのことを冷静に伝えると今度は私が不倫をしている、家庭に生活費を入れないなどでっちあげを言い始めました。これはおかしいと思い、妻の方こそ何にお金を使っているのだ、まさか他の男性か?と思い興信所に妻の行動を調べてもらうことを依頼しようかと考えるようになりました。